不用品回収で特に値の張る物は?

粗大ゴミなどが多い方は、やはり料金が気になってしまいますよね。
そして料金が高ければ高いほど、せめて相場通りの料金で抑えたい所。
いざ不用品回収をする時に相場を越えないためにも、今回は少しだけ予習してみましょう。
5000円を超える物を調べてみよう
基本的に、重量のある物は5000円を越えやすいです。
例えば170リットル以上の冷蔵庫、ベッド、室外機タイプのエアコン、大きな本棚、ピアノなどが挙げられます。
特にベッドはよほど小さくない限り5000円以上は覚悟する必要があり、ダブルベッドなどは1万円以上になる可能性もあります。
また、楽器では大きなエレクトーンやグランドピアノも1万円以上の出費が必要になるかもしれません。
どうしても安く抑えたい時はどうすればいい?
myrtrs
エレクトーンと冷蔵庫を捨てるだけで、1万円以上かかるかもしれない……。
と、天井を見上げて憂鬱になる前に確認するべき問題があります。
確認するべき問題、それは買取出来るかどうか、という事です。
冷蔵庫などは状態が悪いと買取不可になってしまうかもしれません。
しかし楽器類や家具ならリサイクルショップが高確率で買い取ってくれます。
大きいサイズの物が多い方は、まずリサイクルショップへの持ち込みを検討して下さい。
例え安い買取になったとしても、処分料金を払うよりは遥かに建設的です。
売れる物は売り、捨てる物は捨てる
売れる物はお金に変え、売れない物は潔く捨てる。
これが不用品回収の基本事項なのです。
引っ越しなどで大きな物を処分するなら、業者選びではなく買取業者から選びましょう。
何でもかんでも捨ててしまうと、思った以上にお金を損するかもしれませんからね。
不用品回収の業者は沢山存在しますが、悪い業者に当たらないよう細心の注意を払う必要があります。
注意するべき点をしっかり抑えて、気持ちの良い不用品回収を行いましょう。
mtrjtr
業者の見極め
見積もりはしっかり出してくれるのか? 電話の対応は丁寧か? 保険の問題はどうなっているのか?
そういった諸々のポイントを見極める必要があります。
特に見積もりの出し方が曖昧だったり、保険に入ってない業者は要注意。
相場を超えた料金を取られたり、何かあった時に賠償してくれなかったら大変ですよね?
なるべく見積もりがハッキリとしていて、保険に入っている業者を選ぶようにして下さい。
個人情報を守ってくれる業者に頼もう
不用品回収で誰もが神経質になるのが個人情報、つまりプライバシーです。
自分が頼もうとしている業者では、どんな方法で個人情報を守ってくれるのか直接聞いてもいいでしょう。
しっかりとした回答が帰ってくればいいのですが、そうでなければその業者はちょっと心配です。
また、女性のために女性スタッフだけ作業に向かわせてくれる業者もあります。女性の方で不用品回収をしてほしいという方、大きな不用品でお悩みではありませんか?回収業者にお任せください。きっとあなたのお役にたちます。
男性に家に入られたりするのが嫌な女性は、そのような業者に頼む事をオススメします。
料金、プライバシー、保険が重大三要素
人それぞれ不用品回収をする上で気になる問題は色々あるでしょう。
しかし、手頃な料金、プライバシー保護、トラブル時のための保険は一番重要な問題です。
最低限この三要素を完璧に満たしている業者を探す事は、業者を選ぶ上での必須事項となります。
後々大変な目に遭わないよう、業者選びは慎重に行って下さい。

更新情報