不用品回収は業者に頼む?市区町村に頼むべき?

引っ越しや模様替えで、沢山の不用品が出ることってありますよね。
そんな時は、住んでいる市区町村に不要品回収をお願いするのが一般的です。
しかし、結婚や一人暮らしの解消など、大量の不用品が出てしまうこともありますよね?
そんな時はどんな処分方法があるのでしょうか?
市区町村の不要品回収
かぶって困る不用品をいくつかあげてみましょう。テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テーブル、ソファーなどはかぶりがちですよね。
東京都23区では、テレビはや冷蔵庫、洗濯機はリサイクル法に基づくので別回収で手筒気が必要です。テレビは2000円~3000円程度、冷蔵庫は4000~5000円、洗濯機は2500円~。不要品回収の電子レンジは300円、テーブルは600~1000円、ソファーやいすは一人用300円、二人以上用なら1000円です。
さてここまでで12800円。なかなかにかかります。もちろん、引っ越しなどで出る不要物は布団やベッドなど、これ以外にも発生することでしょう。
クルマで運び込む
地域によっては、持ち込み10個まで無料、もしくは減額をしている地域もあります。車両を所有している方は検討の余地があります。また軽トラックなどをレンタルした場合の方が安くあがる場合もあります。
不用品回収業者に頼む
沢山の不用品がある場合、最も手軽なのが不用品回収業者を利用することですテレビ、冷蔵庫、洗濯機などはあまり変わりませんが、使えるものなら逆に値段が付くこともあります。また軽トラック一台で1万5000円程度でのせられるものをすべて回収してくれる業者さんもいます。

関連する記事