無料って本当? 不用品回収業者の違法か否かの見極め

「不用品回収無料」というチラシを見たことがありますか? よくポスティングしていますよね。
たいていの場合は「物によってはリサイクル品で売れるから、引き取り代金は無料でいいよ」ということです。
しかし中には、無料で物を引き取り、リサイクルできるものはリサイクル業者に持ち込み、残りは不法投棄する違法業者もあります。
見極め方法
「リサイクルするからその代わり他の物は無料でいいよ」というパターンの「無料」の場合は「古物営業許可証」がないと買い取りすることができません。許可証は手帳式で持ち歩くものなので必ず確認しましょう。
また、「一般廃棄物収集運搬許可」の書面や認可番号などを確認することで、正当な不用品回収業者かどうかを見極めることができます。
また領収書の発行ができるかなども見極めになります。
トラブルを避けるために
「無料」と言われたのに「これは特別に有料」という場合もあります。そのために、必ず見積もりを取りましょう。
勝手に処分をして「処分したのだから金を払え」というトラブル例もあります。「今日は見積もりだけ」としっかり伝え、「今日は手持ちがない。後日言われた金額だけ用意する」というスタンスならば、無い袖は振れないのでトラブルになりにくく、また、「後日取りに来る」と言われた場合でも、一度落ち着いて考えることができます。
もし違法であるならば行政や公共機関に相談することもできます。
不用品回収には、時間の余裕を持ってのぞみましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »