どのような人が向いているのか

MBAの学位取得に興味があるという方もいらっしゃるでしょう。
今回は、一般的に言われている「MBAに向いている人の特徴」と言う部分について触れていきたいと思います。
これを参考にして、判断の1つとしてみるのも良いでしょう。

論理的な意見や考えを持っている

スクールなどにおいても、多種類のMBA理論を用いながら課題の企業分析を行い取るべき方法を論理的に考えていく必要が出てきます。
また、論文を仕上げたりプレゼンテーションをするにはこの論理的に進めていく能力が必要であるともいえるでしょう。
直感や感覚では通用しないのです。

コミュニケーションが好きである

様々な国籍の人たちと接することとなりますので、様々な考え方や環境・背景を持った人たちが集まると言い換えることもできるでしょう。
ですから、自分と違うタイプは受け付けないなどという方は苦痛に感じるかもしれません。
上手くなくとも好きであるというのが向いている人ですので、多くの方が該当するかもしれません。

協調性と忍耐力があること

先にも触れたように、様々な人たちと接しますし、グループワークなどの共同作業をするという事も出てきます。
このことから、協調性や忍耐力というものももとめられてくるでしょう。
様々な意見が出て行くなか、上手にまとめチームで1つの事柄に進んでいく能力が求められるのがMBAなのです。

新しいもの・知らないことに興味を持つ

一見すると関係ないように思えますが、ビジネスにおいてはスピードを要求される時代になりつつあり、新しいものが隙だなどという情報のアンテナを張っている人はビジネスシーンにおいても有利に働くのです。

参考にしたいその特徴

いくつかの事柄を掲げましたが、もちろんこれらが全てというわけではありません。
自分自身のタイプに当てはめてみてください。

関連する記事